雲の上

sunbeam-in-clouds

 

 

車を停めて哀しい曲をかけた

哀しいわけじゃないけれど

どうしても聴きたいんだ

木々の緑にも他の車にも

同じように眩しい日射しが降る

 

 

君と交わした言葉が空を舞って

何度も僕の胸を通り抜ける

振り分けようとした想いを

僕は宙に放り投げて自由にした

 

 

あの彼方へ飛んで

もう一度戻っておいで

雲の上の風は

きっと僕らの味方

 

 

僕らが覚えていることも

忘れてしまったことも

きっとずっと僕らとともにある

でも強い風に吹かれて

すべてが透き通れば

きっともっと強くなれる

 

 

僕は心を開いたままで

僕を取り戻すさ

そして

僕だけの僕を

もう一度君にあげる

君にだけあげる

 

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


9 − 三 =