コーヒー

aerial-view-of-coffee-cup-on-wooden-table

 

 

テーブルの向こうで

君が笑ってる

外はいつの間にか暗くなって

車のテールランプが光ってる

コーヒーの香りを挟んで

君の瞬きをみていると

騒がしい店の中が

ゆっくりと静まり返って

君と僕しかいないみたいだ

 

 

君を笑わせたくて

僕は大げさな身振りをする

大きな声でふざけて

君を困らせる

でも本当は

君に夢中なんだ

 

 

僕の大好きな顔で

君は声を出して笑ったり

優しく微笑んだり

時々まじめな顔をして

まっすぐ僕を見てる

そのたび僕の胸はキュッとなるけど

それを隠してコーヒーを飲む

もう何杯飲んだだろう

 

 

君が席を立つと

帰ってくるのが待ちきれない

君がおいしいと言うと

僕はなんでもおいしいと思う

君の傍にいられるなら

僕はなんだってする

 

 

君が好きだよ

大好きだよ

 

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


三 + = 5