月だけは

満月の写真
Photo on Visual hunt

 

湖の青い水の底に

その光はたしかにあった

舟を出すと湖面を渡る風が

頬を撫でて僕の顔を引き締める

岸から一番離れた場所で

僕は沈むはずだった

清らに

 

 

ところがどうだ

僕は穴があいて朽ちかかった舟だ

岸から少しも離れられない

干からびた岸の灰色の土に

うずもれて離れられない

風はなく

セイカツという名の靄で

湖面は見えず色はなくなった

 

 

僕を翻弄する運命は

嘘を真実だと思い込み

真実を嘘だとなじっている

僕は嘘を目にし過ぎて

嘘に同情までしはじめている

でも問題は今日のパンだ

届く郵便物が貼りついて

身動きができない

 

 

淀んで汚れきった空気の中で

思い切り息を吸うこともできない

言葉を奪われ打ち捨てられても

声を出して泣くことは許されない

 

 

僕はもう疲れてしまった

誇りを失い漕ぎ出すこともできず

泥の岸辺で小さな石を積むだけ

 

 

それでも

 

 

月だけは見える

気高く輝いて

あの日と同じだ

泥にまみれていても

月の美しさはわかる

 

 

姿は見えないけれど

あなたの声がする

あなたもこの地べたで動けず

身体を冷やしているのだろう

僕の体温をあなたにあげたいけれど

 

 

それでも僕は生きる

腐臭にまみれ泥だらけになっても

生きのびるためになんだってする

姿は見えなくても

あなたの声が頼りだ

 

 

傍に行ってあなたを抱きしめる

靄を分けてもう一度漕ぎ出す

必ず

必ず