Bless

 

 

ある日部屋に帰ってみると

コップ一杯の水が置いてあった

僕はとても喉が渇いていて

一気にそれを飲んだ

 

 

水は身体に沁みわたり

僕は少し眠った

 

 

目が覚めると

コップはまたいっぱいになっていた

僕はまたそれを飲んだ

少しだけ残してもう一度眠った

 

 

僕は夢をみないで眠った

はじめてのことだった

 

 

朝気づいた時には

コップはいっぱいになっていた

僕はそれを飲みほして出かけた

 

 

 

 

 

その日からずっとコップはそこにある

いつも水をいっぱいに湛えて

 

 

 

いくら留守にしていても

何日も飲まなくても

水はいつも綺麗に輝いている

僕は少し眺めて飲むことにした

 

 

 

飲み終わった後

いつもじっと見ているけれど

いつも眠ってしまう

 

 

 

僕がはしゃいでいる時も

ひざを抱えている時も

むしゃむしゃと食べている時も

いつもそこにある

きらきらと輝いて

 

 

 

けっして減らない

けっして減らないんだ

 

 

 

 

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


九 − 6 =