16848253975_afc3b347a3_z

Photo credit: simo m. via Visualhunt / CC BY-NC-SA

 

 

灯りのない部屋

小さな隙間から

月の光が射しこむ

夜が来るたび

僕は待った

美しい光を

 

 

気がつくと

苦い夢は消えて

僕は扉を開けた

感じるよ

川のせせらぎ

生き物の匂い

白い月

 

 

君は僕を見る

もう随分と前から

見ていたのかい

 

 

君はなんて美しい

月の光に咲く花

僕はもう

君のものだ

 

 

指がほんの僅か動いて

僕に知らせる

 

 

わたしはあなた

あなたはわたし

 

 

僕は頷く

終わらぬ時を

雫にのせて

 

 

わたしはあなた

あなたはわたし

 

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


5 − 二 =