警告と安心

 

 

僕が靴紐を結び直している間に

君は消えた

その時僕は月に気づいた

ちょうど雲から姿をあらわして

僕に笑いかけた

 

 

永遠なんかないことに

随分と前に僕たちは気づいてた

君はほんの少し涙を見せて

僕はにっこりと笑った

 

 

僕は月に顔を向けたまま

しばらくの間ぼんやりしてた

その時見るともなく見ていたのは

君の影か

いや違う

僕はただ照らされていただけ

 

 

夜だと言うのに

鳥が鳴いている

耳を澄ます

警告している

誰かを呼んでる

 

 

僕はきっとぐっすり眠れる

途中で目を覚ましても

夢うつつの中で僕は見るだろう

月を

いつもと同じ微笑みを

 

 

 

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


− 2 = 三