絶望

 

 

にやついて手を挙げるその男の舌の上

無垢な表情で君は踊る

筋肉に見える張りぼての腕に支えられて

安心して君は眠っている

 

 

君が屈託なく笑う時

誰かが怯えて泣いている

暗闇の中でひとりぼっち

自分を抱きしめることも出来ないで

 

 

宛名のない空虚なエール

かしこまったふざけた祭り

白衣を着たナチ

軍服を着たビジネスマン

当事者ぶった裏切り者

 

 

君が軽やかに街を歩むとき

彼らは絶望した

君が見たいものだけを見ているとき

彼らは存在を否定された

 

 

隣人であった君も

あの人間の皮を被った悪魔と変わらない

僕もまた絶望した

 

 

決して絶望しない者のために

心臓は乱れた脈を打つ

僕は生きる

絶望してもなお

いや

絶望から始めるために

 

 

決して絶望しない者のために

 

 

 

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


6 − = 二