月の道

 

 

殺風景な川の道を

どこまで歩こうか

 

名も無い草が揺れていて

空は少し明るくて

灯りがゆらゆら揺れている

 

遠くに聞こえる街の声

誰かが誰かを呼んでいる

 

軽い荷物と

重い言葉を

僕らは抱えて

黙って歩く

 

君が笑う

ゆっくりと歩みながら

僕を見つめて

 

その時僕は気づいた

月が出てる

 

君の顔が

白く澄んで

僕を照らす

僕を映す

 

もう眠る時間なのに

鳥が飛んでる

帰って行くの

見ていてあげるよ

 

君ももうおやすみ

大丈夫

手を握っていてあげる

少しおやすみ

 

 

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


× 九 = 81