ハイウエイコヨーテ

 

たっぷりのコーヒーを淹れて

僕らは車に乗り込む

ハイウエイで営業に出るみたいだと

君は笑う

 

羽ばたかなくても

どこまでも滑っていける

泳がなくても

どこまでも沈んでいける

聴こえるのは

鼓膜を押すざわめきだけ

 

さびしいの

と君はささやく

実を言うと僕は

先を急いでる

 

薄い皮膚が

海と空を

そして僕らを隔てていることを

今は忘れよう

 

何度も繰り返すのに

君の眉間の歪みは

これが最後だと

いつも僕に知らせる

そして僕も

 

君がまた笑う

行き先も訊かないで

僕らは吠える

ハイウエイコヨーテ

 

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


九 − 5 =