上着をぶん投げる

 

By: Michael Sheehan

 

働いて

メシ食って

クソして

寝て

 

ちっぽけなしょうもないモノ買って

でっかいけどしょうもないモノ買って

それをまた売って

 

ふざけて

議論して

何か変えようとして

 

突っ走って

大声で唄って

 

怒り狂って

叩き潰して

赦して

 

冗談思いついて一人笑いして

披露してすべって

力技で笑わせて

 

アレして

アレされて

アレしあって

何回も繰り返して

アレでこの世の終わりがきたかと思って

 

 

だけど

オマケばっか

一度抜いた雑草も

いずれはまた生えるってことだ

良く見りゃ似たような景色だね

それもそう悪くはないが

もういっぺん抜かなきゃならねえ

 

お前たちには悪いけど

こいつは特別なんだ

俺はね

俺のものじゃない

でも

俺は俺じゃなくちゃなんないんだ

 

 

オマケはオマケ

さて

上着はその辺の道端にぶん投げて

いっぱい息吸って

肩で風切って歩くか

 

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


五 + 2 =