water-rain-raindrops-drops-of-water 

 

あなたと手を繋いで

雨の音を聞きながら話す

僕は雨が好きだよ

地上にあなたと僕だけが

ポツンといるみたいだから

 

 

雫に打たれる名も知らぬ木の葉

小鳥が枝から枝へ居場所を探す

ふたりで見つめて笑いあって

でも僕はというと

あなたの横顔に見とれてしまう

 

 

君に話しかける

聞き飽きそうなほど

君が好きだと伝える

だってちっとも言い足りない

 

 

わざと君から視線を外して

雨の音に耳を澄ましてみる

黙って僕が聞いているのは

本当は君の吐息だけれど

 

 

絶え間ない雨の音の中

あなたの声が響く

他愛のない話も

僕には一番美しい音楽

 

 

その音に身をゆだねながら

あなたのくれた言葉を

あなたの心を

僕は静かに繰り返してる

 

 

雨は天から降り

哀しみだけを洗い流すのだろう

ふたりしかいないこの地上で

あなたは僕のものだとわかる

 

 

僕は雨が好きだよ

あなたに恋してるから

手を繋いでいれば

何もかも美しいから

 

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


九 − = 1